ストキンPro&ガリョキンPro

第7回ストキンPro・ガリョキンPro


ストキンPro・ガリョキンProとは!

絵と話、それぞれに特化した漫画賞だ!ストキンにはネームだけで、ガリョキンには課題のネームを原稿にすれば応募できるぞ!

実力者同士のコンビで最短デビューも夢じゃない!

直近では「アオのハコ」の三浦糀先生は第4回ガリョキン出身だ! なんと受賞からデビューまでわずか1年半!

漫画未経験の小説家やイラストレーター大歓迎!

ネーム力、画力、どちらかに秀でていれば受賞できるのがこの賞の魅力! 他のジャンルで磨いた武器を漫画で生かしてみよう!

アナログ・デジタル投稿可能! 更にガリョキンはTwitter投稿も可!

ガリョキンに限りTwitter投稿開始! 手軽に投稿が夢につながるチャンス!

各賞&賞金


キング

ストキンPro
賞金100万円
&本誌or増刊(ジャンプ+)への掲載権確約!

ガリョキンPro
賞金100万円
&本誌or増刊(ジャンプ+)への掲載権確約!


準キング

ストキンPro
賞金50万円
&本誌or増刊(ジャンプ+)への掲載権確約!

ガリョキンPro
賞金50万円
&本誌or増刊(ジャンプ+)への掲載権確約!


佳作

ストキンPro&ガリョキンPro
賞金10万円


努力賞

ストキンPro&ガリョキンPro
賞金5万円


有望投稿作

ストキンPro&ガリョキンPro
賞金1万円


※賞金は発表後2ヶ月以内に現金で郵送、もしくは指定の口座に振り込みます。

第7回審査員


白井カイウ先生
ストキンPro審査員
白井カイウ先生

『約束のネバーランド』

出水ぽすか先生
ガリョキンPro審査員
出水ぽすか先生

『約束のネバーランド』

応募要項E N T R Y

ストキンPro 募集部門


キミの思い描く「物語」を、

200ページ以内でネームにぶつけよう!

スポーツ部門


スポーツ部門

『ハイキュー!!』『黒子のバスケ』など。

どの競技を選ぶかはもちろん、その中で 輝くキャラを作れるかどうかも大切! 自分の強みをぶつけよう!

ファンタジー部門


ファンタジー部門

『ブラッククローバー』『ONE PIECE』など

選択する応募者が多いだけに、埋もれないためのアイデアが求められる! 君にしか描けない物語<ストーリー>が欲しい!

ホラー・サスペンス部門


ホラー・サスペンス部門

『約束のネバーランド』『カラダ探し』など。

デスゲームなども含めて「恐怖」や「驚き」をフックにエンタメに昇華することを目指そう! インパクトだけではダメ!

和風ファンタジー・歴史部門


時代劇部門

『逃げ上手の若君』『鬼滅の刃』など。

鬼や侍など、日本特有のモチーフを活かそう! 馴染みのあるモチーフだけに、独創的な切り口を見せられると良い! ファンタジー色が強くないような時代劇物も合わせて募集!

職業部門


職業部門

『SAKAMOTO DAYS』『バクマン。』など

専門性の高い「職業」をテーマに、オリジナリティあふれる作品を投稿しよう! 綿密な取材が必要なジャンルです!

【新設】
コメディ・ラブコメディ部門


コメディ・ラブコメディ部門

『アオのハコ』『ウィッチウォッチ』など。

爆笑もあれば、ニヤニヤするような話もOK!笑いや、おいしいシチュエーションが生まれる構造がうまく仕込まれたアイデアを待ってるぞ!

ガリョキンPro 募集部門


キミが持つ「画力」を原稿に込めろ!
選べる部門は4種類! 公式のネームをダウンロードして漫画にするか、自作の漫画を描くか選べるぞ!
公式ネームはあくまでネーム! キャラデザインや、コマ割り、演出は自分なりのものを見せつけよう!
ただしページ数は規定通りに!キミの構成力も見せてくれ!

注意!今回は公式ネームで応募する際、1ページ目の前に必ず扉絵をつけてください。
自分のキャラデザインや、構図、一枚絵の魅力を存分にアピールしよう!

バトル部門


バトル部門

雲母坂盾先生・作
(『ボーンコレクション』)

ネームをダウンロード

ラブコメ部門


ラブコメ部門

四谷啓太郎先生・作
(『悪魔のメムメムちゃん』)

ネームをダウンロード

スポーツ部門


スポーツ部門

鎌田幹康先生・作
(『クーロンズボールパレード』)

ネームをダウンロード

自作部門


自作部門

自由なページ数でオリジナル作品を完成させよう! あらゆる手段を講じて、自らの画力をアピール! 過去に描いた同人誌での応募もOK!
※二次創作及び商業誌で公開されているものは除きます

応募のきまり


締切

2022年8月31日(水)

※WEB投稿 及び Twitter投稿の場合は同日23時59分まで。

応募資格

プロ・アマを問わず応募を受け付けています。

結果発表日

11月発売の本誌にて。

原稿枚数

ストキンPro→ページ数は200ページ以下。
ガリョキンPro→公式ネームのある3部門は扉絵+ネーム部分6ページの計7ページ。自作部門は無制限。

応募上の注意

※応募作品の著作権は投稿者に帰属します。応募作品がストキンPro・ガリョキンProを受賞した場合は、作品の出版・公衆送信及び二次的利用(著作権法第27条及び第28条に規定する権利を含む)にかかる権利は、集英社が独占的な許諾を受けるものとします。

※ガリョキンProへの応募作品は、原稿返却を受け付けます。原稿返却を希望する方は、応募封筒の表に「返却希望」と赤字で大きく書き、自分の郵便番号・住所・氏名を記入した返信用の封筒を、切手が貼られた状態で同封してください。ストキンProへの応募作品は原稿返却いたしません。投稿は原本またはコピーどちらでも可能です。

アナログ原稿

画像のような、『漫画用原稿用紙B4サイズ』(文房具屋、通販で入手可能)を使用してください。くわしくは漫画原稿用紙の使い方をご参照ください。

デジタル原稿

アナログ原稿の版面に準じます。データ形式はレイヤー統合済みPSDまたはTIFF、解像度はモノクロ2値600dpi以上(推奨)としてください。
デジタル原稿の郵送応募も可能です。その場合は、データを記録したメディア(CD、USBメモリのみ)と出力見本を同封してください。
くわしくは「漫画原稿用紙の使い方」をご参照ください。

原稿の基本的な使い方をチェック!

漫画投稿に際して、トレーシングぺーパーの作り方など是非投稿前にやっておいて欲しいことをまとめました。

トレーシングペーパーの使い方

ベタ・トーン部分の上にセリフやモノローグを入れる時はトレーシングペーパーを使用してください。
付箋やメンディングテープの上から描かないようお願いします。
トレーシングペーパーは原稿の上からかけて、入れたい場所の上に鉛筆で字を書きます。トレーシングペーパーはテープで止めましょう。この時絵を描いた原稿のおもて面に直接貼ると、原稿が破れたり、ベタ・トーンがとれることがあります。
端を折り返して原稿のうら面でとめてください。
また小さく細切れにして貼るととれてしまうので、原稿用紙の上から大きめに切って貼りましょう。

紙の大きさ

ノドのとりかた

本を綴じている背表紙側のことをノド側、本を開く側のことを小口側と呼びます。雑誌をみればわかる通り、ノド側は綴じるために原稿が巻き込まれてしまいます。右ページならば左側、左ページならば右側がノド側になります。ノド側には絵が入らないよう3cm程度空けるなどして原稿用紙を使用してください。

ノドのとりかた

ノンブルとは

ノンブルとはP数(ページ数)のことを表します。 予めノンブルを振って右ページ、 左ページを把握しておきましょう。さらに、ジャンプの漫画は基本的に左Pから始まり、左Pに 終わるので極力準拠してください。P数はストーリー漫画、ギャグ漫画ともにP幅をとっていますが、 左Pに始まり左Pに終わると奇数Pになるので、奇数Pで書くことにも慣れておくと良いでしょう。

見開きの描き方

見開きを描くときは原稿用紙を2枚並べたうえで、右ページの左側断ち切り、左ページの右側 断ち切り線を切って裏からメンディングテープなどで貼り付けます。つながった断ち切り線が絵を描く範囲。顔やセリフが、貼り合わせた部分にこないように気をつけましょう。貼り合わせた部分が見開きのノドになるため、セリフや顔が巻き込まれて製本された際に違和感がでてしまいます。

見開きの描き方

詳しく見る閉じる

応募方法


Twitterで投稿

@jump_mangashoのTwitterアカウントをフォローし「#ガリョキン」あるいは「#ガリョキン2022」とタグを付け、原稿画像をアップしよう!

  • 「@jump_mangasho」へのフォローは維持ください。受賞時など、TwitterのDMにてご連絡いたします。
    鍵付アカウントからの投稿は無効となります。
  • Twitterの仕様上、一度の投稿でアップロードできるのは最大4枚までです。見開き2Pを一つの画像にまとめ、一度の投稿に収まるようにしてください。
  • 投稿時には、画像自体にノンブル(ページ数)をご記載ください。

WEBで投稿

下記のボタンから専用フォームにアクセスして応募!

  • 提出ファイルのサイズ上限は200MBです。
  • 提出の際にはTIFF、PSDなど画像をフォルダ分けせずに zip圧縮してください。
  • ファイル名は「(作品タイトルの半角英数字).zip」など正式タイトルが わかりやすいものにしてください。
  • 各画像ファイル名は「001.jpg」など掲載順がわかるものにしてください。

ストキンPro WEBで投稿する

ガリョキンPro WEBで投稿する

郵送で投稿

〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋 2-5-10 集英社 週刊「少年ジャンプ」編集部
「ストキンPro○○部門」「ガリョキンPro○○部門」

※○○はそれぞれ選んだ部門を書いてください。
※原稿の最終ページの裏に、住所・氏名・年齢・電話番号を必ず明記してください。

過去の受賞者一覧を見る

第1回ガリョキンPro努力賞 ひらけい先生
『姫様”拷問”の時間です』ジャンプ+連載中

第1回ガリョキンPro準キング 福成冠智先生
『maximumminimumdead or alive!』ジャンプ+連載

第1回ストキンPro準キング 松本トシヒデ先生
『王棋の禍姫』ジャンプGIGA2016vol.2掲載

第1回ストキンPro準キング 板倉コウ先生
『水夢〜パイナルラウンド〜』ジャンプGIGA2016vol.1掲載

第1回ガリョキンPro最終候補 坂東直先生
『Abnormal voicE』SQ.CROWN掲載

第1回ガリョキンPro最終候補 青木裕先生
『綾樫くんは飼っている』ジャンプ+掲載

第1回ストキンPro努力賞 内場悠月先生
『骸族スマイル』ジャンプGIGA2018 SUMMER vol.2掲載

第1回ガリョキンPro最終候補 ながの唯先生
『にゃんとも素晴らしきかな』ジャンプ+掲載

第2回ストキンPro努力賞 奥谷大樹先生
『大山田帝国憲法』ジャンプ+掲載

第2回ガリョキンPro準キング 仁志祐介先生
『クロモリクライム』週刊少年ジャンプ掲載

第3回ストキンPro準キング 末永裕樹先生
『舞台を降りるその時は』ジャンプGIGA2018WINTER vol.1掲載

第3回ガリョキンPro努力賞&キャラデザ賞 やもり先生
『インビジブルハート』ジャンプAQ.RISEAUTUMN掲載

第3回ガリョキンPro最終候補 佐々木宣人先生
『LOVE THE WARZ』ジャンプ+掲載

第4回ガリョキンPro準入選 あまみ先生
『ぱらそる同盟』ジャンプGIGA2020SPRING掲載

第4回ガリョキンPro佳作 中村コウセイ先生
『成瀬兄妹は敵に回すな』ジャンプGIGA2020SPRING掲載

第4回ガリョキンPro佳作 あもんていら先生
『隼』ジャンプGIGA2020SPRING掲載

PICK UP


応募
方法